膀胱観察11 限界立ちション編 排泄実験観察シリーズ28


女性は曲線で出来ているとは良く言ったもので、おしっこを我慢している女性というのは、膀胱がふくらみ、なおさら曲線が際立っている。本作はそのお腹のふくらみが、放尿時にどのように凹んでいくのかを観察した記録だ。
「限界まで我慢し、漏れだしたらスタート」を厳守する4名の女性。慣れない立ちションで内ももを濡らしながらも、おあずけを繰り返された後の排尿の解放感には抗えず、ため込んだ尿を大放出!
今回も勿論スーパースローカメラ搭載。
おしっこが「股」から噴き出してくる様子に感動!おしっこ我慢、もじもじくねくねバタバタ&前押さえ+限界放尿+立ちション!
女体のフェチ感を、おしっこと共に。

ともこ。均整のとれた肢体がエロい。おあずけを繰り返されるたびにもじもじ我慢が激しくなっていき、ついには耐えきれずジョバっと放尿。端々に愛嬌を感じさせる反応がなんともGOOD。
なのは。猫かぶり。どっしりと重く膨らんだ膀胱が排尿でみるみる凹んでいく様は壮観のひと言。腰から脚への丸みを帯びたラインが見事。
みほ。美しいスレンダーボディに興奮。あっけらかんとしていてもやはり立ちションは恥ずかしいか。我慢の果てにドバドバと長時間の放尿を披露。
なみ。開始時点でちびりまくっている愛いやつ。ひぃひぃ言いながらパンツを脱ぎ、腹囲を測り、ようやく許可されたおしっこは一瞬のうちに凄まじい量を叩き込む爆尿。太さも素晴らしい。

タイトルとURLをコピーしました