モデルさんを撮影中に、菊門を掻き分けながらウンコが顔を出す


もしもトイレという概念や羞恥が無い世界だったら うんこ編 2
この作品の見方は、二通りある。まずは普通にミニドラマとして楽しんで頂きたい。ここは「もしも」の世界。誰もがくしゃみでもするかのように用を足す。恥じらうでもなく、さも当たり前のことのように…。そんなもしもの世界をご堪能頂ける。次に、「ドラマというオブラートに包まれた羞恥プレイ」という見方だ。彼女たちは、「物凄く恥ずかしい」のに、「恥ずかしくない」という演技をしなくてはいけない。さらに「限界寸前」まで我慢しているのに、「その素振りを、あまり見せてはいけない」のである。その我慢具合、ご覧いただければわかるように、もう、演技では誤魔化せないレベルなのである。非常に、興味深い。うんこ編第二弾!インタビュー3名あり。

教師編。授業中にて、生徒の前で専用容器を手にすると放尿しながら教鞭をとる。次いでスカートをたくし上げ、別容器を今度はお尻に構えると、息みながら「ニュルルッ」と臭そうな糞を放り出しては…

カメラマン編。モデルさんを撮影中に、専用の透明便座に腰掛けると小便に続いて、菊門を掻き分けながらウンコが顔を出す。そんな状況でもモデルに指示。大便しながらもシャッター音は鳴り止まない!

講師編1。HTML講習中に講師が、生徒の前で備え付けの専用小便器に立派な健康便をお見舞いする。そんなホッカホカ便くらい、講義も熱を帯びていた。心情を綴った撮影後のインタビューも必見

講師編2。スタイル抜群の清楚な美人教諭が、美術の講義中に堂々たる格好でビチ糞をぶちまける。その噴出される飛沫の勢いたるや、生徒に掛かってしまうのでは!?と云う程の凄まじいものだった。

タイトルとURLをコピーしました