女子アナがトイレという概念や羞恥が無い世界で放送中に大量脱糞をする。


もしもトイレという概念や羞恥が無い世界だったら うんこ編
公式限定、インタビュー2名収録。この作品の見方は、二通りある。まずは普通にミニドラマとして楽しんで頂きたい。ここは「もしも」の世界。誰もがくしゃみでもするかのように用を足す。恥じらうでもなく、さも当たり前のことのように…。そんなもしもの世界をご堪能頂ける。次に「ドラマというオブラートに包まれた羞恥プレイ」という見方だ。彼女たちは「物凄く恥ずかしい」のに「恥ずかしくない」という演技をしなくてはいけない。さらに「限界寸前」まで我慢しているのに「その素振りを、あまり見せてはいけない」のである。その我慢具合、ご覧いただければわかるように、もう、演技では誤魔化せないレベルなのである。非常に、興味深い。待望のうんこ編、ついに登場!社会番組で進行役を努める安西アナ。中盤におしっこを1回、終盤にうんこを1回決める多排便女。生放送中にも関わらず、ガニ股で立小便器に腰掛け、直腸までも見えるほどに肛門を晒している。「水曜美術」講師。巨乳で人気のある彼女も、授業中に大便をする。「んっ」と艶っぽくイキみながら脱糞。続けざまに大量放尿。ゆらゆらとマイボトルで泳ぐうんこの様子も観察できる。ニュースの生放送。スレンダーでタレント気質な佐藤アナもまた、この世界では放送中に大量脱糞をする。解説を聞きながら目立たないようにこっそり足を動かして我慢している様子も見どころ。お喋りは怒られても、排便は怒られないのがこの世界。JK娘は男性の先生が授業をしていてもお構いなしに放屁&脱糞。本気でイキんで顔が真っ赤に。汗だくでひねり出したのは超極太うんこ。(排泄屋) ※本編顔出し

タイトルとURLをコピーしました